自分にピッタリの眼鏡とは?輪郭とフレームの相性が大事


丸顔の方に合う眼鏡ってどんなもの?

眼鏡は多くの種類がありますが、それぞれの眼鏡は顔の輪郭と一致したものを購入するのが理想的です。フレームと顔の輪郭が合わないと変わった印象を相手に与えてしまいます。基本的にテンプル部分がきついと顔の食い込んでしまうので注意しましょう。丸顔の方はスクエアタイプの眼鏡を利用するとキリッとした見た目にすることができます。ウエリントンタイプの眼鏡はカジュアルすぎる印象を与えるため、ビジネスなどでは使いにくいです。ハーフリムはスッキリした顔にすることができ相性も良いです。フォックスタイプの眼鏡を着用すると冷静な見た目を与えてしまいます。こちらは人によってはとっつきにくい見た目になるのがネックです。

その他の輪郭にあるフーレム

ほっそりした印象を与える面長の方は天地の幅があるフレームを利用すると違和感が出ません。例えばウエリントンタイプはカジュアルな印象を与えます。フォックスタイプも相性が良い商品でビジネスで使えるでしょう。三角顔の方はシャープな輪郭が特徴的で、フェイスラインを際立たせる眼鏡がおすすめです。これはオーバルやハーフリムなどが相性抜群です。四角い顔の方は直線的でメリハリのあるフェイスラインを持ちます。自然な印象を与えるハーフリムタイプの眼鏡はバランスが取れてスッキリします。また柔らかい印象を与えたいときには丸いフレームが魅力的なボストンタイプが適しているでしょう。自分に合う眼鏡は自分ではわからない場合、店員に見てもらい客観的な意見を聞くと良いです。

メガネをつくるのに格安であるものを選べば、その場ですぐにレンズなどを加工してもらえて短時間でできあがるメリットがあります。