機械式時計はメンテナンス不要?本当にそれで大丈夫?


機械式時計はメンテナンス不要なのか

機械式時計は特にメンテナンスをしなくてもいつまでも使えるという噂もありますが、本当に大丈夫なのかと疑問に思う人もいるでしょう。実際にはしっかりとメンテナンスをしていないと正しく動かなくなってしまうリスクがあります。クオーツ式の場合と違って電池が切れてしまって交換しなければならないということはありません。それがメンテナンスだと思い込んでいる人が生み出した誤解でしょう。機械式時計は精密に作られているものなので、ちょっとしたことで時を正確に刻めなくなってしまうリスクがあります。日頃から丁寧なメンテナンスをしていくことで長く使えるようになるということを念頭に置いて管理していくことが重要です。

必要な手入れをしていこう

しっかりとしたメンテナンスが必要だと言われると、素人の私にもできるのかと不安になってしまうかもしれません。実は日常的にやった方が良い手入れはとても簡単なもので、忘れずに行うことの方が重要なのです。基本的には機械式時計の動作不良を起こしてしまうような埃や塵が内部に入るのを防いだり、湿度が高くなってしまう状況を避けたりするために手入れをすれば大丈夫だと考えましょう。必要な手入れとして外すときには埃や塵を乾いた布で拭き取る、汗や雨で濡れてしまったときは速やかに拭いて乾かすという二つが挙げられます。これ以外にもできることはありますが、この二つを忘れずにやっていくだけでも機械式時計の寿命がかなり伸びるので取り組んでみましょう。

グランドセイコーとは、1960年に生まれて世界中で愛され続けている日本産の最高級で有名な腕時計になります。