緑豊かなビルの屋上で家庭菜園!?人気の屋上緑化


屋上緑化のメリットとは

都心のビルの屋上に、芝生が植えられたり、広い庭園ができているのをご存知ですか?ビルの屋上を緑地化する企業や大学が、都心では増えつつあります。こうした屋上緑化のメリットは、いろいろ挙げられます。

まず、屋上を緑化すると、夏の日差しを植物が吸収して、発散させてくれます。そのため、ヒートアイランド現象を緩和する効果が期待されています。さらに、大気汚染の物質を分解してくれることも期待されています。

屋上緑化コーディネーターとは

ただし、屋上を無計画に緑化すると、建物の強度に問題が出てきてしまいます。そこで頼りになるのが、屋上緑化コーディネーターです。屋上緑化コーディネーターは、屋上の緑地化が注目を集めるようになったことがきっかけになり、2004年よりはじまった資格制度です。

屋上緑化コーディネーターは、建築の知識だけではなく、造園の知識も身に着けている必要があります。屋上緑化コーディネーターは、建物の構造と、屋上の緑地化のバランスを取る上で、欠かせない専門家と言えます。

屋上緑化で美味しい野菜?

また、屋上緑化の一環で、デパートの屋上などを利用して、菜園を作ってもらう試みもスタートしています。集客にもつながり、デパートにもメリットがあるので、都会を中心に人気を集めている企画のようです。

デパートによっては、器具をレンタルするところもあります。そのため、手ぶらで出かけても、農作業をすることができます。また、こうした庭園はほかのお客さんにとっても憩いの場所になっているようです。

屋上緑化とは、建物の断熱性を高めることやスペースの有効活用などを目的に、屋上や屋根に植物を植えることです。癒やしの空間を手に入れると同時に、冷暖房費の節約にも一役買うシステムです。